中学受験に専用タイマーは必須!おすすめなタイマーはコレ!

中学受験勉強に、タイマーは必須と言っても過言ではありません。

今の中学受験生は、常に時間との闘いです。

スタディータイマーを購入する前の私は、

タイマーなんて、どれも同じよ。
キッチンにあるものでもいいし、
スマートスピーカーもあるし。

そう考えていました。

しかし、実際、キッチンタイマーやスマートスピーカーを使ってみて、こんなことに困りました。

キッチンタイマーを使うデメリット

音が大きい。
特に集中している時は、びっくりしてしまうことも。

  

 

スマートスピーカーを使うデメリット

残り時間がわからない。

勉強専用のスタイマーがあったほうが良さそうだわ。

私は、色々悩んだ結果、評判の良い「セイコースタディータイム」を購入してみました。百ます計算でおじなじみの、陰山英男先生モデルタイプです。

この商品は、アマゾンで口コミ★4・5の評価です。
結論から言うと、これを買って大正解!
実際使ってみた感想を、紹介します。

Contents

セイコースタディータイムの優れたところ

  

時計がついている

タイマーを使いながら、時間が見られるのは、実はとても大きなポイントです。勉強中に、時計を見るためのアクション(視線をずらす)を起こさずに済むので、集中力が途切れません。もちろん、目覚まし時計としても、使うことができます。

アナログ時計ですが、チクタク音がしないところがポイント!!

ストップウォッチ機能

勉強時間や、問題を解く時間を計りたい時(過去問など)に、便利です。※他メーカーのコンパクト型のスタディータイマーのは、この機能が付いてないものがほとんどです。

秒針は、集中力を高める青色を採用

青色は、心を落ち着かっせ、集中力を高める色と言われています。※効果は保証されるものでは有りません。

光だけのお知らせ機能がある。

音でなく、ランプでお知らせも可能です。音を出したくない時や、外出先(図書館など)でも使えます。

操作がしやすく、見やすい25度の角度

操作の際は、裏には滑り止めがついているので、卓上で滑りません。小型のタイマーだと、一旦、手にとって操作する必要がありますが、このタイマーは片手で操作できます。

セイコースタティータイム 陰山先生モデルのマイナス点

サイズが大きい

横幅があるので、コンパクトタイマーよりも、卓上のスペースが取られます。

幅は16センチ(ボールペン1本のサイズより若干長いくらい)、縦は9センチ、高さ6センチです。

音が小さい

卓上で使う用の音になっているので、音が小さめです。目覚まし時計として使ってみたら、「聞こえない」という口コミが見られました。

まとめ

セイコースタディータイマーのご紹介、いかがでしたでしょうか。

プレゼントにもオススメです!!

シンプル設計になっているので、操作がわかりやすく、無駄がありません。多くの中学受験生にとって、「あったら便利なもの」の一つに入ると思います。

詳細はコチラをクリック!!↓↓↓

黒もあります↑

セイコークロック百ます計算 陰山英男モデル スタディタイム BC408K¥3,361
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アラフォー&男3兄弟の母。
気に入ったものを、大事に使いたいタイプ。
長男:タイ留学
次男:高校受験
三男:中学受験、
人生楽しく生きていきたい。

Contents
閉じる